日別アーカイブ: 2004年11月11日

アイデアに詰まったら – ランダムカテゴリ(site:によるドメイン指定)

無からアイデアを搾り出すのは難しい。元となる種が必要だ。「羊たちの沈黙」でもレクター博士が言っていたではないか。「人は常に見ているものを欲する」と。知らないものは欲しがらない。目の前に種があればそれを欲するし、そこからアイデアも浮かぶというものだ。

私はよく使う手はYahoo! JAPANの「ランダムカテゴリ」だ。最近のユーザは知らないだろうね。クリックするとY!の膨大なカテゴリのどこかにランダムで連れて行ってくれるとい う、ちょっとしたお遊びの機能だ。何年か前はY!のトップページのどこかにあったと思ったが今はもうない。実は今でもどこかにあるのだが、それをトップか らリンクをたどるだけで探すのは絶対無理。

そこでだ、確かにこのサイトの中にあったはずなのに一体どこにいったのだ、というのを簡単に探す方法がある。本当に簡単だから覚えておこうね。

  • 「キーワード site:サイトのドメイン」

を検索窓に入れればよい。今回の場合は、

だ。ほら、見つかった。

この究極の暇つぶしツール「ランダムカテゴリ」はアイデアの種として結構使える。今日も仕事で活躍したよ。

Google’s index nearly doubles

http://www.google.com/

googleblog/2004/11/

googles-index-nearly-doubles.html

Googleのインデックスが約2倍に増量。「8,058,044,651ウェブページから検索」。80億を超えましたね。以前の状態との差を検証 できないのがいやはやなんともなんですが、こんなときに以前からずっと観測を続けている「検索デスク」の浅井さんのレポートが貴重です。期待しています。

Struwwelpeter – Heinrich Hoffmann

http://www.fln.vcu.edu/

struwwel/struwwel.html

子ども向けの絵本。挿絵がいい。こういった昔のお話は残酷だったり不条理だったり。特に「The Dreadful Story of Pauline and the Matches」はいいなぁ。背中ボウボウで燃え尽きてるし。

This Web edition of Hoffmann’s classic children’s story incorporates the original illustrations.

平和裡に世界に浸透する「ぼうぼうあたま」―Struwwelpeterと「ぼうぼうあたま」によるドイツ-日本の掛橋