男一人の肉野菜炒め


単身赴任をしている。夜には料理をすることもある。手早く簡単に、ということであれば、やっぱり肉野菜炒めだ。ちょいとズルをしてカット野菜を買ってくれば、10分もかからない。簡単手軽で野菜もたっぷりとれる。理想的である。

外で野菜炒め定食を食べることもあるが、ごくたまに「ど素人の失敗作」に出会うことがある。野菜、特にモヤシがくたくたで立っていない。皿にびしょびしょと汁がたまっている。こんなものは「炒め」ではないぞ、Shame on you!

夜、男一人。

キッチンに立ってこう考えた。火が弱すぎれば汁が出る。煙が出れば泣かされる。一畳のキッチンは窮屈だ。とにかく小さいフライパンは炒めにくい。炒めにくさに頭にくると安い店に食いに行きたくなる。どこへ食いにいっても不味いと悟った時、あきらめて、一品出来上がる。

冗談はさておき

俺の作る肉野菜炒めは美味い。モヤシもきっちり立っている。汁も出ないぞ。