月別アーカイブ: 2006年12月

惣菜屋のおばちゃんありがとう、来年もよろしく

二重生活の一方、東京の住みかの最寄り駅、東武伊勢崎線五反野駅の裏に、ほぼ露天の惣菜屋がある。メインは焼き鳥、その他コロッケ、肉団子、鶏のス テーキ、ときどきモツ煮込みや中華サラダ、いろいろ、いろいろ。お弁当もあったりする。とにかく安い。焼き鳥は一本50円だが5本買うと200円のまま。 鶏のステーキは100円、赤ん坊のこぶしくらいある肉団子は50円。今夜のおかずのつもりで買って、300円を越えることは絶対にない。

適当に買ってお金を払おうとすると金額があわない。端数はオマケしてくれる。おばちゃん、いつもありがとう。

今日は一個50円のピーマン肉詰めを3個買ってきた。150円なり。端数はないのでオマケのしようがないな。家に帰って袋を開けたら、ちょっと小さめなやつが余計に入っていた。3.75個で150円。

おばちゃん、今年一年ありがとう。来年はもっと買いにいくよ。

独立開業するなら「惣菜店!」―徹底図解 おいしいオリジナルレシピつき (DO BOOKS)独立開業するなら「惣菜店!」―徹底図解 おいしいオリジナルレシピつき (DO BOOKS)

ではまた来年

今年一年ありがとうございました。今日が今年最後の更新になります。

ここでは私の趣味に合う海外のサイトを主に紹介していますが、仕事の関係でなかなか更新できず、期待されている皆様には申し訳ないと思っております。ってのはウソです。自分のためのブックマークなんで、いつ更新しようが私の勝手です。

伊豆は降らんから

雪がどっさり降るようなところに住んでみたいね。子どもたちと。経験させてあげたい。いまさら無理か。

飯山の積もり方はすごかった。歩道の横は雪の壁。

はやくこいこいお正月

私の酒好きは自他共に認めることで、知り合いは全員私が酒好きであることを知っている。でも外で飲むことはめったにない。外で飲むより自宅で落ち着いて飲むほうが好きだ。

一人で飲んで何が楽しいのかとよく聞かれるが、楽しいというよりも「おいしい」から。他人と味覚の感じ方がちょっと違うんじゃないかな。アルコール を含むとまず瞬時に感じるのが甘み。日本酒の甘口とかそういうものではなくて、純粋な純白な糊のきいたシーツのような焼酎甲類の無味無臭のアルコールを口 に含んでも、やはり口の中で感じるのが甘み。どうやら私の唾液は一瞬にしてアルコールを糖分に変えるようである。これだから元々甘めな韓国系の焼酎は甘す ぎて胸焼けがしてしまう。なるべく純粋に、ピュアに、と選んでいくうちに、まあ安いという理由も大きいのだが、ペットボトル入りの無味無臭なやつにおちつ いている。

でもね、朝なら日本酒だな。朝は米とらなきゃ。お雑煮をつまみながらの日本酒は成仏するね。

寝ざけ・朝ざけ・はしご酒―酒の言語学

鞭を無知なるは無恥であるぞ

時期も時期なので人並みに忘年会へ。中華料理あれこれを楽しむ。とりあえずビール、ビールお代わり、ときて三杯目に何にしようかとメニューを眺める。紹興酒、マオタイ酒ときて次の行で目が止まった。

至宝三鞭酒

思わず「おぉ」とつぶやいて能書きを読んでみると、「滋養強壮に。飲みすぎると眠れなくなってしまうかもしれません」などと書いてある。これ以上の説明はなし。ずいぶんオブラートに包んでいるじゃないの。「宝に至る三鞭酒」だよ。

「鞭」は動物の外性器、つまり雄のナニだな。「三」はいろいろとバリエーションがあるらしいが、一般的なのは鹿、オットセイ、狼の組み合わせだろう か。高価なものになると狼の代わりにトラになるらしい。これらのナニを粉末にして漬け込み、熟成したものが「三鞭酒」というわけである。これに「海龍(タ ツノオトシゴ)」や各種薬草のエキスが加わって、宝に至る三鞭酒のできあがり、と。これくらいの能書きはあってもよいだろう。説明責任があるよ、この酒 は。ちなみにアルコール度数は53°。

頬の赤い20代前半と思われる女性店員に「ウーロンハイ!」とたのみました。

北京の酒菜―8つの味型で作る100品北京の酒菜―8つの味型で作る100品

体の美

競馬には興味もないし馬券も買ったことはないが、ディープインパクトの最後の姿くらいは人並みに興味もあり、見て、やっぱり驚く。何よりも注目したのがその体の張りと艶やかさだった。脂肪のない筋肉美。体脂肪率は何パーセントなんだろうか。

六本木を歩いていてふと同じ感覚を味わうことがある。ありえない位置にヒップの頂点のある女性が歩いている。ラテン系だ。体のつくりがまったく違うのだよ。もう参りましたというしかないではないか。血が違うのだな。

どこかで読んだ記憶があるのだが、大人の前、10代の女性の美しさではロシアがピカイチなんだという。しかしこれが10年20年30年と年月を重ねた後の豹変ぶりもダントツらしい。そんなわけで、ロシアの男はまた今夜もウォッカを飲むのだろうか。

いまどきロシアウォッカ事情いまどきロシアウォッカ事情

読み物としても面白いと思ったよ、ほんとに

もうすぐクリスマスだね。子どもの頃のクリスマスの思い出はほとんどない。ケーキを食べる日、というだけ。そのケーキも同級生の家が洋菓子屋で、義理で買っていたんだと思う。昭和40年代のクリスマス。プレゼントはあったのか、なかったのか、それも覚えていない。

仏壇があり、神棚もあり、そんな古い家の年末にクリスマスが来ても、どうもしっくりこないなと、子どもながら感じていたのである。というのはウソ。ケーキ大歓迎。子どもは非日常が大好きだから。

高校生にもなるとケーキの魅力は薄れ、浄土宗+神道の我が家になぜキリスト教がお邪魔するのかと純粋な疑問に出会い、それならその大元であるところ の新約聖書を全部読んでみようと思い立つ。(いや、ここんところはもっと複雑な動機があって読みは始めたのだが、それはまた別の話……)

全部読んだよ。それ以来、洋画のホラー、スリラーが好きになりましたとさ。

新約聖書を知っていますか (新潮文庫)新約聖書を知っていますか (新潮文庫)

目を見ればわかる

うちのマンションの管理人は、自慢じゃないがダンディーである。ダンディーって何だ。

  • ダンディー 【dandy】 国語辞書(大辞泉)
    • [名・形動]男性の服装や振る舞いが洗練されていること。また、そのさま。
  • dandy Compact Oxford English Dictionary
    • noun (pl. dandies) a man unduly concerned with a stylish and fashionable appearance.

服装は管理人の制服であるが、常にきちんとしている。スマートで振る舞いも無駄がない。なおかつ、嫌味のまったく感じられない軽い笑顔。プロである。プロの軍人かホテルマンだったに違いない。

朝の挨拶だけで、お互いにわかるものである。こいつは素人ではないな、と。

ダンディひげセット(ジェントル)ダンディひげセット(ジェントル)

庭園のナスの紫

なにやらトマス・ハリスとハンニバルが動いているようである。

やはり、ミーシャのエピソードが導入部分となるのだろうか。ナスの紫を美しく撮ってほしい。

ハンニバル・ライジング 完全版 プレミアム・エディションハンニバル・ライジング 完全版 プレミアム・エディション

ようこそ量子

http://www.ryosi.com/

国立情報学研究所助教授の根本香絵さんのサイト。量子と言われても一般人はいやはやなんともなんですが、それがちょっとでもわかりやすくなってくれれば……。

量子の奇妙な振る舞いはとっても興味深いので、根本さんの本、買ってみようかな。

ようこそ量子 量子コンピュータはなぜ注目されているのか (丸善ライブラリー)ようこそ量子 量子コンピュータはなぜ注目されているのか (丸善ライブラリー)