日別アーカイブ: 2007年2月6日

ボビー・オロゴン?かと思った丼を運ぶ謎の黒人給仕

オフィスが東京ミッドタウンに移って、ランチの行き先も多少新規開拓しなきゃいかんなと思い、とりあえず道路を挟んで目の前にある海鮮系の丼を出す店に入る。店名は忘れた。というか、見ていない。

ビルの二階。入ってあららと思ったけど、ここバーですよ。カウンターと、奥にちょっとテーブル。昼だけ借りてるわけね、場所を、きっと。白衣を着た 男性が一人で対応している。きっと材料は全部仕込みをした状態で持ち込んで、やっているんだろう。飯と味噌汁は保温ができればいいわけだし、海鮮系丼だか ら火を使うこともない。

誰かが入ってきて店の男性と何かを話しているのが聞こえる。客ではないらしい。特に気にせずまっていると、しばらくして注文したネギトロ丼が後ろからぬっと出てくる。「オマタセシマシタ」

一瞬、ちょっと変、と思ってその人物を見ると、立派な体格の黒人さん。あなた誰? 従業員でもないみたいだし。そのあとすぐにいなくなったし。あとはただ白衣の男性がカウンター内に一人いるだけ。幻の黒人給仕。さすが六本木。

ネギトロ丼の味は、六本木の海鮮で850円で期待する方が間違っているわけで、期待通りの期待はずれでしたよ。

ボビーだと思います。ボビーだと思います。