日別アーカイブ: 2007年2月14日

雨の日にわかる実力

今日は東京ミッドタウンに移ってから初めての本格的な雨天だったろうか。雨天のときこそ設計と施工の良し悪しがわかるものである。

六本木ヒルズは残念ながら明らかに失敗作だった。日比谷線の出口から森タワー入り口まで、屋根付きの通路?のようなものがあったがあまりにも中途半 端。風が吹けば雨は容赦なく刺してくるし、ウッドデッキ風の床は恐ろしく滑りやすい。雨が降らなくても六本木ヒルズのビル風は強烈で、何度も2F部分にあ たるオープンなスペースを封鎖していた。「封鎖」は誇張ではなく本当の話。そもそも日比谷線と森タワーがなぜ地下で直結していないのかというのが謎であ る。

さて、ミッドタウンに話を戻すと、今日のところは目立った水溜りのようなものは見られなかったし、雨でぬれても滑りやすいところはないようだった。 ビル風もここ数週間では感じたことはない。オフィスに入る前の部分にかなり広い屋根付きのスペースもあるので、傘を降って雨粒を払うのにも余裕がある。い いね。しっかり作ってある。

あとは、3月下旬のグランドオープン、そして夏前には日比谷線からも地下でつながるらしいから、楽しみである。