大は小を兼ねない個人情報


賃貸マンションの契約に必要な書類として、住民票を求められている。前もってとってあったのでこれでよいかと思ったのだが、注意事項に「本籍地が記載されていないこと」とあって困惑してしまった。用意していた住民票には本籍地の記載もしてあったのだ。

なぜ「本籍地が記載されていないこと」が必要なのか。「記載されていること」という条件ならわからなくもないが、「記載されていないこと」が条件とはどういうことなのか。

しばらく考えて思い出した。申し込みをするときに、個人情報の利用範囲に関する書類に捺印をしていたのだ。私の住所、氏名、電話番号等をどのようなときにどのような目的で使用するかという内容だったと思う。

私の現住所以外の「本籍地」のような個人情報は業者にとって知る必要のない、書類として残ってしまうと面倒なことになりかねない不要で危険な情報ということなのだろう。

再度住民票をとるのに300円かかってしまったが、なるほどねと感心したのでよしとしよう。