目黒区、大田区の住宅街を散歩


明日から北京、という理由でもないのだが、今日は日本をたっぷりと2時間ほど散歩する。地図を持たずに南または東に進むというルールで東横線の都立大学駅を出発。

緑が丘の東工大の横を進み奥沢一丁目をひたすら南下する。30坪程度の小さな敷地の洒落た住宅が並んでいる。

大田区に入り石川町から池上線を超えて東雪谷に入る。商店街にそってしばらく進むと鉄道の高架に行き当たる。東海道新幹線だ。新幹線高架の下をくぐり第二京浜(国道1号線)を超えて池上の本門寺に至る。広い本門寺を散策しようかと思ったがすでにかなり足が痛い。進路を北東にとって都営浅草線の始発である西馬込駅に辿り着く。

地味でパッとしないコースだったな。次回は中延、荏原中延、戸越銀座あたりの商店街を梯子してみよう。

目黒区、大田区の住宅街を散歩」への1件のフィードバック

  1. anomura

    荏原中延、戸越銀座、中延は私の生まれ故郷です~
    いまは久が原なんですが、地味でパッとしなくてすみません。笑

コメントは停止中です。