鳶職グッズの店はいいぞ


せっかくカメラを買ったのだから、常に持って歩きたい。でもポケットに入れるのはちょっとアレだし、できれば予備の電池やマクロ用のレンズも携帯したい。そんなわけで腰に下げる小物入れのような小さなバッグを探したのだが、これがなかなか見つからない。皮製でむやみに高価だったり、老夫婦が散歩や海外旅行に行くときに腰に巻いているアレだったり、どうもしっくりこないのだ。

そこで思い出したのが建設現場で職人が腰に下げているあの道具袋。丈夫な木綿製のやつはよく工務店の名前が入っていて、おそらく工務店が職人に無料で配布しているのだろうが、他にも色々なタイプがあるはずだ。その種の店に行けばきっと渋くて実用一点張りのやつがあるに違いない。

実は新丸子のマンションの近くに鳶職向けの専門店があり、行ってみたら見事にビンゴだった。

↓こんなに立派なのはいらない。