日別アーカイブ: 2013年6月25日

(Supermoon 2013 – a gallery on Flickrから)

死にまつわる迷信
●友引葬儀、清め塩を気にする人は過半数
●北枕や夜爪を気にしない人は6割以上

迷信の伝達経路
●親から迷信を教わったという人が圧倒的多数
●誰からも教わったことがない人は3%未満

迷信を話題にする相手
●約5割が「配偶者」や「子ども」に
●「話題にしない」人が約2割と次世代への伝達が停滞

宗教的な心情
●「悪いことをすればバチがあたると思う」「虫の知らせはあると思う」人はそれぞれ8割強

占いや易を気にする人の割合
●占いや易を気にする人は約4割
●40~54歳の年齢層が多い

宗教的な行為実施率
●「ほぼ毎年、初詣に行く」「お守りやお札をもっている」人はいずれも65%以上

group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/ldi/news/news1306.pdf

全国の男女765 名に聞いた『死にまつわる迷信、慣習』 | 第一生命

若い人の方があの世や幽霊を信じている割合が多いのが面白い。