日別アーカイブ: 2013年10月18日

奇跡の戦闘機 “コーンフィールド・ボンバー”

Cornfield Bomber

パイロットが脱出後に特に壊れもせずきれいに胴体着陸。よくできた紙飛行機みたいだね。

During a training mission from Malmstrom AFB on Feb. 2, 1970, this F-106 entered an uncontrollable flat spin forcing the pilot, Maj. (Ret.) Gary Foust, to eject. Unpiloted, the aircraft recovered on its own and made a gentle belly landing in a field near Big Sandy, Mont.

コーンフィールド・ボンバー – Wikipedia

コーンフィールド・ボンバー(Cornfield Bomber)は、かつてアメリカ空軍第71要撃戦闘機中隊(英語版)に所属していたF-106A戦闘機の通称。任務中操縦不能に陥った同機はパイロット脱出後、モンタナ州の農場に不時着したものの大きな損傷を受けなかった。後に修理されて任務に復帰し、現在は国立アメリカ空軍博物館に展示されている。