投稿者「shikencho」のアーカイブ

下顎の腫瘍、MRI検査

下顎の腫瘍のため東京医科歯科大学の口腔外科に行ってきた。

今日の検査はMRI。造影剤を打ちながら頭をドーナツに突っ込む。どうしてMRIはあんなにうるさいのか。

次回は生検と治療方針の検討の予定。いよいよ入院が決定かな。

 

下顎の腫瘍、EPT検査とCT

下顎の腫瘍のため東京医科歯科大学の口腔外科へ。

まずはEPT。電気歯髄検査である。これは電極を歯にあてて電気を流し「痛かったら手をあげてください」という検査。たいした痛みではないのだが、微妙にいやな検査である。検査の目的は、歯の神経が生きているかどうかを知るため。結果はどこも死んでいませんね、ということだった。

さらに顎のCT。コンピュータ断層撮影。

来週はMRIとそれらの結果を見ての治療方針の検討の予定。まあ手術、入院の規模がどのくらいになるかということなんだけどね。

 

 

下顎の腫瘍、東京医科歯科大学口腔外科へ

東京医科歯科大学の口腔外科は紹介状があれば初診に予約はいらない、朝一で行ってきた。

まずはレントゲン。顔の周りをぐるりと回るメリーゴーラウンドのような機械で写真を撮る。さらに腫瘍を色々な方向から撮影。

ここでなんと担当医に急患が入り長時間待たされることに。結局何も診断できないまま今日は終わり。今週にCTの検査、来週にMRI。それらの検査結果を元に治療方針を来週決定。ただ手術と入院は確定。最悪のケースだと腫瘍を顎の骨ごと切除して、そこに足か肩からとった骨をはめ込むらしい。それだと入院は3〜4週間。

一気に滅入ってきた。

 

下顎の腫瘍、口腔外科へ

二年前くらいから下顎が腫れだし、こぶとり爺さんとまではいかないまでも、かなり見た目があららという感じになってきたのでいよいよ近所の口腔外科に行ってきた。

予想はしていたが、街の歯科医の口腔外科でレントゲン等の検査はしたものの、うちでは手に負えないということで東京医科歯科大学への紹介状をいただくことになってしまった。

幸いにも良性の腫瘍らしいが、精密検査を受けてみないと断定はできない。ただし良性腫瘍でも全身麻酔による手術と入院は避けられない模様。

明日、東京医科歯科大学に行ってくる。