Literature」カテゴリーアーカイブ

青空文庫:コーヒー哲学序説/寺田寅彦

http://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2479_9658.html

実はコーヒーは苦手。でもこんな文章を読むと一杯飲みたくなるから寺田寅彦はえらい。コーヒーにほとんど興味はないので、都会に出てもドトなんたらとかスタかんたらなどという店には入りたいとも思わないのだが、一度だけどうしようもなく時間が中途半端に空いて入ったことがあった。

初めて「カプチーノ」なんてよくわからんものをたのんだが、世の中のこんな美味い飲み物があるのか、と、正直、驚いた。

カンタベリー物語

注文しておいたカンタベリー物語が先週届いていた。少しずつ時間があるときに開いてみる。面白いです。いや、ほんと。久しぶりの古典なので多少躊躇したが、のめり込みそう。一気に読むのがもったいないほどの面白さです。